総合案内になります


フォトラバ

MMM2014MARのレポートなど


MMM facebook

MMM2014NOV案内など


MMM2015FEB/MAR案内など

2017年11月16日

12月2/3ショットショージャパン参加します

(MMMショットショー参加案内)



12月2~3日の、大阪心斎橋ショットショージャパンに参加します。

来年3月予定のMMM2018MARの日にち等の案内が出来ると思います。



いつものMMM関連パッチの販売もさせてもらいます。

新パッチは以下のとおり。数量少ないものもあります。




SEALチーム風パッチ。

マゼンタベースのスカルパッチです。7x9cmくらいです。





アメリカ/バトラン国スプリットパッチ。

7x5cmサイズ。





HASHIMOTO BASEパッチ。

9x5cmサイズ。




よろしくお願いいたします。
  


2017年09月15日

MMM2017SEP

(MMM2017SEP)



9月17日はあいにくの雨予報ですが、基本的に開催の方向で準備をしています。

土曜日15時あたりよりスタッフが現地入りして確認いたしますが、その時点
から当日までで国道24号からフィールドに乗り入れ出来ない場合(県道371の
通行止め等)のみ中止および順延の案内を出させてもらいます。

土曜日15:00、18:00あたり、および日曜日6:00に24号からフィールドまでの道路を
チェックします。

その際は、こちらのブログで案内させてもらいますので、必ずチェックしておいて下さい。

ユーザー登録している方でも、更新案内が遅れる場合があるようです。ご注意下さい。




台風の影響も予想されますので、来場される参加者の皆様は十分にお気をつけて
ご来場下さい。

入場されるまでの行き道・帰り道に関しては参加者ご自身の裁量でご判断下さい。




不参加の場合はメールでご連絡いただけるようお願いいたします。
その際は必ず「氏名」と「人数」を記載してご連絡下さい。

不参加のご連絡はkalash@militia.jpまでお願い致します。
16日12:00以降はモバイル端末でのチェックになりますので、返信出来ない
場合があります。予めご了承下さい。

不参加連絡が無く、かつ予定時間に来場いただけてない場合は、念のためにこちら
からお電話させてもらう場合がございます。


不参加連絡の方は現地受付欄に「不参加の可能性」とさせてもらいますので、もし
天候が回復して「行けそうかな?」と思われた場合は、そのまま来場いただいて
大丈夫です。その際も交通には十分にご注意下さい。



 MMM運営委員会  
タグ :MMM2017SEP


2017年09月14日

MMM2017SEP

(MMM2017SEP)



9月17日開催のMMM2017SEPですが、台風の影響が少なからずありそう
ではありますが今のところ開催の是非には影響はないと考えております。

天気予測サイト(橋本市)
https://tenki.jp/forecast/6/33/6510/30203/10days.html

募集要項のとおりに、雨天・荒天時でも開催させてもらいます。
過去十数年で降雨での中止はありません。


国道24号線の橋本橋からフィールドへ登る県道371号線が土砂崩れなどで
通行止めになった場合のみ、中止および順延の案内を出させてもらいます。


降雨時のご来場の際は、車両走行等ご注意の上お越し下さい。



 MMM運営委員会  
タグ :MMM2017SEP


2017年09月07日

MMM2017SEP民兵祭

(MMM2017SEP民兵祭ご案内)



MMM2017SEP 民兵祭 『民兵 vs PMC』 参加枠に余裕がございますので、
今週末9月10日付の受付メールまで募集継続させてもらいます。
9月11日に参加案内(申込へのご返信)をさせてもらい、その後2~3日内に
参加費支払い手続きが完了出来るようお願いいたします。

申込は以下の記事のPDFファイルに沿ってお願いいたします。

http://mmm.militia.jp/e870089.html




同カテゴリの他の記事も御覧ください。

http://mmm.militia.jp/c52522.html




今回「民兵祭」と銘打ち、民兵いわゆる敵性勢力を積極的に募集しましたが、その甲斐(?)
あってか、現状ではMMMでは初の「民兵の方がダブルスコアで多い」という状況になって
います。

イベント趣旨に沿って、普段連合軍側で参加されている方も民兵勢力に変更するなどして
いますので、例年のシナリオMMMよりも民兵の数が多いくらいです。

「窮地に陥ったPMCが多数の民兵と戦闘する」という状況を作ろうと思っていましたが、
現状ナチュラルにPMCが窮地に陥っています・・・。

シチュエーション的には3勢力予定している民兵勢力同士の「民兵vs民兵」もありますので、
復活ルール(復活タイミング)や部隊運用で調整しつつ、あまり一方的にならないように
させてもらいます。


民兵は数が多いので、ネタ系の人も遊びやすいかもしれません。




もう1点、9月17日のお昼に、インドカレーの”ショーリア”さんがカレーの販売を行います。

予約者+αの数量を持っていきますので、確実に購入したい方は以下のアドレスに
予約メールをお願いします。

1食800円になります。予約はこちら。

連合軍指揮官兼カレー担当大臣 Heavy少佐 (heavy@militia.jp)



  


2017年09月04日

MMM2017SEP民兵祭

(MMM2017SEP案内)



MMM2017SEP 民兵祭 『民兵 vs PMC』も募集継続中です。

http://mmm.militia.jp/e870089.html

こちらの記事をご覧になって、メールにてお申込み下さい。
同カテゴリの他の記事も御覧ください。



●民兵祭の注釈

今回の「民兵祭」は、例年3月のシナリオMMMとは違い、10~30分の
独立したシチュエーションで進行させてもらいます。

主に「スタート位置」「終了(勝利・敗退)条件」のみ設定されたゲームになります。
また、一部「敵に回るか味方になるか開始時に未確定」の場合もあります。

MMM射撃ルールに加え、民兵祭独自のヒットルールを採用します。
当日朝礼でもご案内させてもらいます。




■射撃レギュレーションに関してはMMM公式と同じで、以下のとおり。
 (総合ルールにも記載されていますが、念のため)

・使用弾は0.20g、0.25g、0.12gのバイオBB弾。
 ※ボルトアクションライフルのみ0.28gバイオ可
 ※バイオBB弾はバトルランド指定弾のみ使用可(http://bl.ord.cc/

・自動小銃は基本的にセミオートのみ。

・軽機関銃、重機関銃はフルオート射撃可。
 ※フルオート射撃は20発/秒未満のサイクルである事。
 三脚等固定銃座に設置した機関銃のみ、サイクル規制適応外。

・短機関銃(サブマシンガン)は、0.12gを使用する場合のみフルオート射撃可。
 ※ただし、マガジンごとに軽量弾と重量弾を使い分けてセミフル撃ち分ける
   のは不可。終日どちらかのみ使用する事。
 ※実銃においてのピストル弾使用機種および、MP7、P90まではサブマシンガン扱い。
 ※AKやM4を短小化したものはいくら小さくてもライフル扱い。
 ※ガスブローバックSMGのみ重量弾使用可



■ヒットルール(今回イベントの独自ルール)
 民兵勢力とPMC勢力でヒット後の扱いが違います。

・民兵勢力はヒットされると、一定のアクションの後復活出来るものとする。
 - ヒットコールは無しで被弾リアクションを取りその場に倒れる。
 - 約10秒のち、銃を射撃姿勢でない状態(戦闘状態と混同されないよう)で携行しつつ
   負傷兵風の素振りでスタート位置(拠点)に戻る。
 - スタート位置で小隊長もしくは本部の指示にて復活。
  ※死亡アクション→負傷兵→復活のルールです

・PMC勢力は、ヒットされると「負傷兵」になり、以下の制約が発生する。
 - ヒットされた場合は被弾リアクションを取り「負傷兵」になる。
 - 「負傷兵」は這ってしか移動出来ない。靴底を地面に着けて立ち上がる事は禁止。
 - 片腕を負傷したものとし、どちらかの腕しか使えない。射撃およびリロード等すべて片手で行う事。
   ※被弾箇所に問わず、残す腕は任意でOK。
 - 射撃時はかならず尻を地面に着けて(座った状態)発砲する事。
 - 一度「負傷兵」になった後は、次のヒット時には被弾アクションを取るだけでずっと
   「負傷兵」のままとし、いつまでも生きていてOK。「死亡」は任意のタイミングで可


民兵に関しては一般的な復活ルールに近いです。また、PMC側の民兵に関しても、
PMCルールではなく民兵ルール適応になります。(ゲーム中は勢力ではなく装備でルール分け)

PMCに関しては、赤文字部分のとおり「一度ヒットされると、それ以上傷は広がらないのでいつまでも
負傷兵として抵抗可能」です。ただし、二度目以降の被弾時にも「被弾リアクション」は取って下さい。
あまり抵抗しすぎると、状況によっては最終的に囲まれてボコボコにされる危険性がありますので、
任意のタイミングで「死亡」して下さい。※「時間内守りきる」みたいな勝利条件が多いです。
負傷兵はライフルでも片手射撃しか出来ません。ハンドガンがあると便利です。マガジンチェンジ
も片手で行うか、仲間に手伝ってもらって下さい。


ヒットとその後の行動に関しては、朝礼で説明させてもらいます。


シナリオMMMの場合は、その戦闘でどちらが勝利するか大体決まっていますので
「どちらかが勝つように本部が用兵する」のですが、今回のイベントではスタート時の
シチュエーションしか決まっていません。

ですがやはり装備イベントですので、サバゲ形式とは言えども戦闘の勝利云々よりも
「兵士としての振る舞いがイケてた方が勝ち!」とお考え下さい。



 MMM運営委員会  
タグ :MMM2017SEP


2017年08月29日

ショットショージャパンスペシャル参加

(MMMイベント参加)


9月2日、3日の大阪ショットショージャパンSPに参加いたします。

MMMブースは、運営委員会Filterの横、明日香縫製の向かいになります。

こちらでご確認下さい。

http://www.dsiclub.com/page/event/ssj.html




MMM2017SEP 民兵祭 『民兵 vs PMC』も募集継続中です。

http://mmm.militia.jp/e870089.html

こちらの記事をご覧になって、メールにてお申込み下さい。
同カテゴリの他の記事も御覧ください。


ショットショージャパンの会場でも、参加の相談をいただけます。
(管理上、申込自体はメールにてお願いする事になります)




次回イベント「民兵祭」のテーマパッチも少しだけ製作しました。





架空の民間運動パッチです。

一応民兵側勢力の、民族戦線(民族衣装系)と傭兵組織(戦闘装備)以外は
こちらになります。(部隊分けはほぼ自由ですが)






前回「MMM2017JUL」の参加者より、装備参考。



民族戦線の兵士です。シュマーグにカミース、カラシニコフとバンダリアと、
オーソドックスですが見た目で「中東民兵」とスグに分かる装備です。
(写真はMMMキャンプの”流鏑馬”競技中)

MMM民族戦線は基本的にこの方向性でOKです。





MMMスタッフPMCです。
揃いのポロシャツに、装備等のイメージカラーを統一しています。

キャンプの出し物の「流鏑馬」の採点業務中なのでヘルメットではなく帽子です。
戦闘招集が掛かった時にヘルメット無しで集合すると、社長に大目玉を喰らいます。

欧米PMCは携行装備として「ヘルメット」と「ボディアーマー(プレートキャリア)」が
必至になります。





欧米PMC以外の「ローカルPMC」が、現地政府から業務委託された(という設定)
のパークレンジャー装備です。アフリカのパークレンジャーをモチーフにしています。
ライフルが写っていませんが、FALで統一されています。





左から中国系PMCと、現地徴用の保安職員二名です。
右側は映画「13時間」で登場する民兵(?)を再現しています。

MMM2017JULのエキシビジョンにてCIAチーム側で参戦していますが、
戦局の悪化にともない「定時なので上がります」と逃走。




「MMM in ショットショージャパン」
「MMM2017SEP民兵祭」

ともによろしくお願いいたします。
  


2017年08月18日

MMM2017SEP『民兵vsPMC』

(MMM案内)


MMM2017SEP 『民兵祭』 民兵vsPMC
募集継続中です。

http://mmm.militia.jp/e870089.html

遠方からお越しの方で、受付開始の当日午前7時以前に現地到着しそうな
方は、別途お問い合わせ下さい。 会場担当 : (carry@militia.jp)






MMM2017SEPに申込順先着でスペシャルパッチを進呈させてもらいます。

まだ数量には余裕がございます。受け渡しは現地にてさせてもらいます。




MMMの仮想国家「バトラン国」の貨幣パッチです。申込順でカラーが異なります。
MMM販売ブースにて、パッチを購入する際に使用出来ます。
イベント運営などに協力いただけた方には、過去にも発行させてもらっています。

今回の「記念貨幣パッチ」は300BLS(BattLanState)で、300円相当です。

お好きなパッチ購入時に使ってもいいですし、記念パッチとしてお持ち戴くことも出来ます。





今回「民兵祭」の民兵とPMCの装備に関してですが、過去MMMに参加された
人でしたら特に問題ないと思います。

世界中どこの民兵でもPMCでも、「2017年に中東にたどり着く事が出来る(設定)」なら
OKといった感じです。

初参加の方で、装備的にちょっと心配な方は事前にお問い合わせ下さい。




PMCグループは、だいたい5~6人のグループにさせてもらいます。

このグループは装備に関係なく希望の方同士と組んでいただけますが、
出来るだけ同グループ内では「同じ会社の同僚」といった感じの見た目に
なるように努めて下さい。



民兵グループは、装備によって大きく3勢力に分けます。
装備の境界線は比較的自由です。

「民族戦線」 以前からの民族衣装系現地人グループです。
「傭兵」 迷彩服や戦闘装備の外国人出稼ぎグループです。
「私服街着系」 一見民間人風のグループです。

前者2グループは見た目で「武装勢力だな」といった感じになりますが、後者は
「武装してるのか?敵勢力なのか??」といった風になります。

この3勢力で共闘したり対立したりの可能性もあります。



基本的に「PMCグループ5~6人」vs「民兵全員」の構図になります。
(シチュエーション的に途中で別グループが参加する場合もあるかもしれません)

短いスパンのシチュエーションを何回も繰り返す予定です。

PMCグループは「出来るだけ周囲と敵対せず、障害は確実に排除し
、目的を達成する」という行動になります。

「よっしゃ!サバゲ形式だから見えるもの全部撃ちまくるぜ!」となると、
あっというまに敵が増えてボコボコにされてしまう事になります。



民兵グループにも「それぞれ別の目的(勝利条件)」を与えます。

それが任務だったり戦闘だったり、ゲームごとに違ってきます。

「米帝気に入らないから無条件で撃ってやる」となると、目的達成の
ための障害を増やすだけになってしまいます。

あまり複雑になりすぎない簡単なシチュエーションにさせてもらいますが、
「そのゲームの勝利条件」だけはゲーム毎に説明させてもらいますので、
キチンと把握するようお願い致します。



気になる事がありましたら、9月2-3日のショットショージャパンでもスタッフに
お聞き下さい。また、「こんなシチュエーションどう?」という提案も、ショットショー
ブースにて受け付けます。(提案者が陣頭指揮いただきます)



 MMM運営委員会  


2017年08月18日

MMMキャンプ動画

去年と今年のMMMキャンプ動画です。



MMM2016AUG

http://youtu.be/CV3_DQihqtU
 ※SOEZIMAX

タイムトライアル競技の映像です。




MMM2017JUL

https://youtu.be/H_KZQTFJbpM
 ※MMM運営委員会

流鏑馬をドローン撮影した映像です。




 MMM運営委員会
  


2017年08月10日

MMM2017SEP

(MMM案内)



MMM2017SEP 『民兵祭 Militia vs PMC』募集開始しております。

申込に関する詳細はこちら(http://mmm.militia.jp/e870089.html



今回、早期申込者にスペシャルパッチを進呈させてもらいます。
8月31日までに参加費支払いが完了した方、もしくは先着順になります。

MMMスペシャルパッチは数に限りがございますので、8月中でもお渡し
出来ない場合がございます。予めご了承下さい。




MMMのPMC装備の指標です。


ある程度指標が決まっている正規軍装備などに比べると、一口に
PMCといっても中々イメージしにくいものがあります。

日本語にすると「民間軍事会社」となるのは皆さんご存知だと思います。

PMC装備にリアリティを出すには、その「民間会社の武装職員」という
立ち位置をイメージして下さい。


民兵祭のPMC装備は基本的に「MMM連合軍基準のPMC」ですので、
ヘルメットとプレートキャリアが必至になります。

映画「13時間」作中のGRSのように、普段のラフな格好から急な戦闘準備で
「Tシャツと短パンにヘルメット無し」のようなシチュエーションももちろん有り得る
のですが、「勤務地にヘルメットを持ってきて居ない訳ではない」です。

逆にMMMローカルPMCではヘルメット無しの職員も居ますが、基本的には
連合軍側グループと一緒にはなりません。
むしろ「どこの傭われか分からない怪しい奴ら」みたいな感じになります。



民兵装備の指標。

今回は街着系民兵も歓迎になっています。もちろん民族衣装系もOKです。

爆弾や小物系もOKですが、基本的にサバゲ形式になりますのでBB弾が発射
可能なものの方が無難です。



傭兵装備(前回MMMからの新ジャンル)

ロシア・中国装備をアレンジした傭兵グループです。
今回は新興国軍勢力の代替としても活躍してもらえると思います。

「新しく発足した地元勢力の兵士不足を外国人傭兵で賄っている」といったイメージで
お願いします。広義のPMCとも言えます。


上記以外に「これはどうかな?」というものは、申込とは別途お問い合わせ下さい。


PMC自体が軍属ではないので、広義の英語表記で「Militia(民兵)」になります。
警察や警察軍をMilitiaと表記する国もあります。




映画「13時間」よりGRS。



市街地武装SP


対海賊要員



ロシアンPMC


警察官(臨時職員)


  


2017年08月09日

MMM2017SEP『民兵vsPMC』募集開始

(MMM案内)



MMM2017SEP 民兵祭 Militia vs PMC の募集を開始いたします。


イベント名 : MMM2017SEP 『民兵祭 Militia vs PMC』

開場 : バトルランド-1(http://bl.ord.cc/

開催日時 : 9月17日

開場 : 午前7時より受付開始 午前9時までに装備等準備完了の事

参加費 : 3800円/人 (今回は車両料金を分離していません)


 MMM2017SEP募集要項(http://www.militia.jp/bin/mmm2017sep.pdf

上記募集要項に従って、「エントリー専用アドレス」にEメールにてお申込み下さい。

申込みの際は必ず件名に「申込」が入るようにお願いします。
申込以外の問合せ等はエントリー専用アドレスには送らないようお願いします。

申込完了(入金確認)の先着順でMMMスペシャルパッチを進呈させてもらいます



 MMM総合ルール(http://www.militia.jp/bin/mmmgeneral.pdf
  ※今回はサバゲ形式のワンデイイベントですので、適応外の項目もあります。

 民族戦線参加要項(http://www.militia.jp/bin/mmmrebel.pdf

 連合軍参加要項(http://www.militia.jp/bin/mmmallied.pdf
   ※申込は可能ですが、積極的な戦闘状況を案内出来ません

 ※PMCに関しては、特設ルールとして同カテゴリにて近日中に装備指標を案内させてもらいます。


 誓約書(http://www.militia.jp/bin/mmmseiyaku.pdf
  ※当日受け付け時に代表者のみ署名いただければOKですが、
    出来るだけ事前に記入してご持参下さい。
    開場受付時には記入済みの方を優先させてもらいます。


 会場利用規約(http://www.militia.jp/bin/bl1kiyaku.pdf
  ※会場(バトルランド-1)の利用規約です。
    参加者・スタッフを含むMMM全体でイベント会員という扱いです。




テーマとして映画「13時間ベンガジの戦い」をモチーフにしていますが、舞台設定として
はリビア・北アフリカに限定せず、いつものMMM設定(仮想国家バトラン国)になります。

大きく「民兵勢力」と「CIA側PMC/GRS勢力」に別れ、ローカルPMCはそのどちらかに配備されます。
 ※大前提としてCIA側欧米PMCは「ヘルメット・プレートキャリア」が必至です。

射撃ルールや装備規定などはMMM基準になります。上記「総合ルール」でご確認下さい。
「ライフルセミオート」「軽機関銃フルオート」「サブマシンガン0.12gでフルオート」です。


民兵装備は普段のMMMよりもよりラフな街着+ライフルのような感じでも可です。
(MMM本戦でも禁止されている訳ではないです)
もちろん民族衣装系や傭兵系装備もOKです。装備によってグループ分け
させてもらうと思います。


PMC装備はMMM本戦ではほぼスタッフ枠ですが、今回は大々的に募集します。
ゲーマー装備からのステップアップや、特殊部隊装備からのアレンジでもOKです。

ただ、装備イベントとしてのリアリティは大事にしたいので、「ただの戦闘員」ではなく
「想定地域に出向した民間武装職員」という立ち位置を意識して下さい。
また、仲間内で同時に(同チームとして)申込される場合、衣装や装備的にも
「同じ会社の同僚」といった見た目になるように努めていただければと思います。

PMC装備でリアリティを出すというのは難しいと思いますが、頑張って下さい。


ガン、装備、衣装、ゴーグルなどで、あまりにイベントの雰囲気に沿わないと
運営が判断した場合は、現地で使用を制限させてもらう場合がございます。




映画「13時間」より、GRS(global response staff)。


同作品よりリビア市街民兵。